近代エルフのライフハックBlog

幼少期から森でほぼ自給自足の様な環境で暮らしていた私が、都会に上京して感じたことや危険だと思った事を発信していこうと思います!

《騒乱の森》素敵な故郷

私「あーーーーーーー!!!!」

隣人「うるさーーーい!!」


実は私の故郷はどれだけ大きな音を鳴らしても苦情が来たことのない九州地方の大分県の山奥なんです



隣の家までは3キロほど離れていました笑

よくアニメで隣の家の幼馴染と同じ学校という設定がありますよね
あれが心底羨ましかったです

学生時代色んなことをしました
打ち上げ花火をしたり、ギターを遠慮なく弾いたり、ドローンを遠慮なく飛ばしたりと、色んなことをしました!


今は上京して都内にいるのですが、ここで同じことをするとかなりの苦情が来そうなものです笑

登下校している時に、鹿を取りに来た猟師さんが鹿を木に吊るして捌いてるのを見たりもしました

食べるということはどういうことかをその時知りました。

よくある事なんですが印象に残ってるのは、家に来る車(タクシーや大型車)がよく脱輪していたので、救出するために家にユンボー(ショベルカー)があった事です


家庭訪問で家に車で来ようとした担任の先生も一度脱輪してます。

ちなみに最近はユンボーの調子が良くないため、脱輪している方を見つけたらレッカーを頼むようにしているそうです。



これこそ故郷


#私のふるさと

特別お題「私のふるさと」キャンペーン
Sponsored by さとふる