近代エルフのライフハックBlog

幼少期から森でほぼ自給自足の様な環境で暮らしていた私が、都会に上京して感じたことや危険だと思った事を発信していこうと思います!

自転車で車道を安全に走るために

今回のテーマは

「自転車で車道を安全に走る為に」です

f:id:harukazu1:20180915144853j:image

 

自転車は基本的に車道走らなければいけません。

自転車のルールについてはこの記事に書いています。

「自転車のルール」自転車は歩道を走れるの? - 近代エルフのライフハックブログ

 

しかしそうは言っても車道には自転車にとって危険なことがたくさんあります。

今回の記事ではどういうところが危険なのかと、その危険をどう回避するかを考えていこうと思います。

 

自転車で車道を通る時に感じた危険

 

私が感じた危険はこの3つです。

 

  • 車がスレスレ通って行く。
  • 路上駐車されて路肩付近を走行できない。
  • 左折する車が怖い

 

では1つづつ説明と解決法を考えていこうと思います。

 

 

・車がスレスレを通っていく

これは本当に危険だと思います。

荷物などが不意にサイドミラーに引っかりでもしたら?

車に接触して転倒してしまったらどうしよう?

と直接的に命の危険を感じます。

自転車と車が接触したら負けるのは圧倒的に自転車です。

車道では自転車側が加害者になる事はほとんどありません。しかし怪我を負う可能性はかなりあるのです。

 

《解決法》

ヘルメットを着用する。

ハンドサインを覚える。

 

 

・路上駐車されて路肩付近を走行できない

路上駐車をされていると自転車は車道の左側を走ることができません。

どうしたって駐車されている車を避けるために大きく車道にはみ出たりしなければ通れません。

路上駐車は本当にやめて欲しいです。

 

私は車も乗るので車側の立場からすると、目の前で路上駐車をしている車を避けるために大きく車道にはみ出られると接触するのではないかとヒヤヒヤしてとても怖いです。

つまり車側も自転車側も危険なのです!

 

《解決法

路上駐車をしない。

路上駐車の車を避けるときは後ろから車が来ていないか確認をする。(自転車側)

車側だと路上駐車の陰から人が飛び出たりしないか確認する。

 

・左折する車が怖い

左折する車と自転車が接触すると何が起きるでしょう?

正解は巻き込み事故です。

これは自転車側も車側も気をつけるべきだと思います。

自転車には車ほど死角がないので死角がある車より、さらに気をつけて身を守りましょう。

 

それとたまに車側でいるのが、すごい勢いで追い越して、そのすぐ先で左折しようとする人がいます。

これほんとに怖いです。

車が左折するときは速度が落ちるます。

それを自転車側からするといきなり前に壁が出来上がる様な事なのです。

 

《解決法》

自転車にミラーをつける。

突然でも止まれる様にブレーキの整備を欠かさない。

 

 

 

反対に車道走って良かった事。

 

  • 歩道より段差が少なく走りやすい。
  • 歩行者との接触がない。
  • 信号を見やすい。

 

・歩道より段差が少なく走りやすい。

段差が少ないと自転車にかかる衝撃も少なくなります。

なので段差がない車道の方が圧倒的に走りやすいです。

 

・歩行者との接触がない。

車道走っていると歩行者と接触する確率が歩道走ってる時より一気に減ります。

加害者になるリスクが減るのです。

 

・信号を見やすい

歩道を走っていると気が生えていたり看板があったりと信号が見えない時があります。

しかし車道走ると信号が見えないなんて事は無いのです

 

まとめ

私が自転車で車道通っていて 1番怖いのは、路上駐車を避けるということです。

都内だと駐車場が有料だったり場所が埋まって

いたりと路上に停めたい気持ちもわからなくはありません。

しかし路上に止めたことによって危険に脅かされる人がいることを忘れないでほしいです。

 

では自転車も自動車も安全で楽しいライフを!!