近代エルフのライフハックBlog

幼少期から森でほぼ自給自足の様な環境で暮らしていた私が、都会に上京して感じたことや危険だと思った事を発信していこうと思います!

地方から上京するのはやっぱり緊張した。

どうもハルエルフです!

f:id:harukazu1:20180923024855j:image

実は都内の電車で、ドア付近のつり革に頭が当たるなら180cm超えているのです!

 

テーマは「九州から東京へ上京した時の話」です。

 

私の実家は九州の大分にあります

東京には役者を目指して上京しました。

地方から都内へ目標があって出てくる人は多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は上京した際に思ったことや必要なものや心構えをゲーム形式で話します!

 

その時のステータスを話します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ステータス

《名前》haruELF(ハルエルフ)

 

《種族》夢を追いかける少年

 

《持ち物》

30万ゼニー

衣服4セット

ギター

キャリーケース

 

《知り合い》

なし

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

プロローグ《導入》

あなたが上京する前にしていた準備とは

準備とは東京に行って生きるための準備だ

地方で暮らしてた人がいきなり東京に出てて生活するのはかなり勇気がいることだ。

今まで使っていた人間関係は東京では一度リセットされる。

覚悟をして上京するがいい。

楽しくて、つらくて、そして面白い街

それが東京だ。

存分に楽しんでくれ。

 

 

ピロピローン♪

 

エスト1

《家探し》難易度3

 

これはそこそこ難易度が高いです。

まず東京のどこを活動の拠点にするかを決めます。

 

そこから家賃を見ながら、条件の合うところを見つけるといいでしょう。

 

住みたい所があるならそこを優先すると後々のモチベーションにも繋がる。(地方から出てくる人は東京のことをあまり知らないことが多い)

色々調べておくといい

 

山手線から離れて行くほど家賃は下がって行く傾向にある。

 

急行や快速のある路線で、各停しか止まらない駅付近は少し割安でおすすめです!

 

※罠※

交通費を考えずに家をを借りると痛い目を見る。

通勤や通学など東京では移動時間がかかる。

その移動時間は無駄な時間になりやすい。

条件が釣り合うをポイントを探そう。

 

東京は場所によりますが安いところだと2万ぐらいのところもあります。

 

ちなみに私は専門学校に行ったので、そこが紹介していた寮に行きました。

2食事、風呂、洗濯機がついて、6万ほどでした。

そこが私のスタートです。

 

エスト2

《資金集め》難易度2

 

これはいくら稼ぐかによっても難易度が変わってくる。

余裕を持って生きるためには、家賃の3倍を稼ぐことを目標とするといいと言われます。

就職やバイト、フリーランスなど手段は数多くある。

例えば

バンドをするならライブハウスなど

役者をするなら人と話す仕事など

漫画家を目指すなら、ネタになる仕事など

 

目標の糧になることをしたほうがいい。

 

ちなみに稼ぐことを目標にしてもいい。

 

 

エスト3

《目標を達成するためには》

難易度4

 

その目標を達成するためには、それに関する時間を確保する。

勉強ならその時間を。

練習ならその時間を。

挑戦ならその時間を。

東京はいろいろなことができる都市です。

夢への可能性を探すのが、楽しみであり上手く行かなければきつい事です。

試行錯誤しながら私も考えてます!

一緒に頑張りましょ!

 

 

エスト4

《体を壊さない》難易度3

 

環境が変わると体調を崩してしまうひとは多くいます。

今年2018年の東京の夏は去年より湿度が高く気温が高かったです。

単純に気候だけでも、体調を壊してしまうほどの環境です。

頑張るのは大切ですが、体調を崩すとその間何もできなくなってしまいます。

体調管理に気をつけましょう。

体調を崩してしまった時に頼れる人をがいると心強いです!

 

 

 

エスト5

《出会いを大切に》難易度4

東京にいると、いろいろな職種の人に出会うことが出来ます。

自分がしたことがない経験をした人の話を聞く事は、とても勉強になる事です。

上京して大学や専門学校に行った人は、そのキャンパス内で、卒業した後も一緒に切磋琢磨できる仲間を探すといいでしょう。

 

こういう言い方はダメかもしれませんが、一緒に切磋琢磨できる友人は、大切な財産だと思います。

コツは「親しき中にも礼儀あり」と「全力で向かい合う」のこの2つです。私はこの2つを心がけています。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おまけ

気をつけておけばよかった事。

 

ものを持ちすぎない事。

ものを持ちすぎるとフットワークが重くなるということです。

家には必要最低限のものがあればいいと思います。

 

必需品や日用品以外で物を買うときは値段を見る前に自分で値段を予想する癖をつけましょう。

 

その予想した値段よりも商品が高かったら買うべきではありません。

 

そこで使わなかったお金は、自分のレベルアップや自分磨きのために使うといいと思います!

 

最後まで見ていただきありがとうございます!

 

ではまた!