近代エルフのライフハックBlog

幼少期から森でほぼ自給自足の様な環境で暮らしていた私が、都会に上京して感じたことや危険だと思った事を発信していこうと思います!

荷物の再配達で早く連絡を取る為には

どうもハルエルフです。

 

テーマは「荷物の再配達を業者に頼む時どの方法が1番早いか」です。

f:id:harukazu1:20180930101400j:image

Amazonで注文した商品が届く時に、たまたまコンビニに出かけたりして、荷物を受け取れなかった?!と言う経験はありませんか?

 

その場合に不在票がポストに入っていると思います。

 

業者への連絡手段

 

不在票にはいくつかの情報が書かれています。

 再配達を頼むには4つの手段があります。

 

・ドライバーの携帯電話への連絡

・営業所への連絡

・ネットでのお問い合わせ

・音声案内でのお問い合わせ

 

さてこれら4つの連絡手段でどれが一番いいのでしょうか?

 

それは「営業所への連絡」です

 

ほかの3種類とも比べて書いていこうと思います

 

 

 

・ドライバーの携帯電話への連

 

この連絡方法は不在票を入れられてすぐでしたら、かなり有効です。

その場合距離的に近くにいるからです。

ドライバーからしても再配達はないほうがいいものなんですが、受け取る側も配達時刻が分からなかったりと、行き違いになることがあります。

 

しかしドライバーは運転をしている為、電話に出ない事があります。

 

以前電話へかけて留守電にメッセージを入れたのですが、そのあと何も連絡がなかったので、携帯電話に連絡は早いのですが、確実性がないですね

 

 

・営業所への問い合わせ

 

この方法が1番結果的に早いです。

電話で営業所に連絡することによってオペレーターに今の荷物の情報を調べてもらう事が出来ます。

時間的に何時から何時までなら家にいるので受け取る事が可能です。と伝えることもできます。

この方法ならドライバーの場所や配達荷物の確認もしてもらえるので、確実です。

 

お昼仕事だから夜運んで貰ったら受け取れると言う人や、夜仕事だから朝運んでほしいと言う一日中は家にいない人にオススメです!

 

デメリットとしてはオペレーターの数が限られている為、すぐに電話が繋がるとは限らない事です。

その場合は焦らずに少し時間をおいて連絡してみましょう。

 

・ネットでの問い合わせ

ネットでの問い合わせは、こちらから一方的に送ることになります。

 

なので、お昼受け取れなかったから18〜20時に再配達してほしいと思ってネットで問い合わせしたとします。

 

しかしその時荷物を運んでるドライバーが遠い所に居る場合や、ほかの荷物の配達に追われては場合があります。

 

ネットで問い合わせをしたその時間に来るとは限らないのです

 

 

 

 

・音声案内での問い合わせ

 

音声案内もネットでも問い合わせに近いものがあります。

 

これもドライバーや荷物の状態などが分からない為一方的な連絡になります。

 

一日中家にいるのなら、音声案内やネットでの問い合わせでいいと思います。

 

その場合なぜ受け取れなかったって言われるかもしれませんが(⌒-⌒; )

 

そんな時もあるんです(⌒-⌒; )

 

ドライバーさんお勤めご苦労様です(⌒-⌒; )

 

まとめ

以上が再配達の時に早く連絡を取る方法でした。

いかがだったでしょうか?

再配達がないのが1番いいですが、受け取れなかった場合はどの連絡方法が1番早く受け取れるのかを今回は説明させていただきました。

 

では楽しいオンラインショップライフを!