エルフは話したい【はるえるブログ】

アニメやゲーム、演技のことを気ままに書いています〜

始めるのに遅いと言うことはない。綱渡りを渡るような練習【初心者がピアノを弾けるようになるまで5〜6時間目】

何かを始めるのに遅いと言う事は無い

 

しかし始めるなら早いほうがいいのもまた事実です。

f:id:harukazu1:20190213014201j:image

 

「明日からやろうは馬鹿やろう」とだれかが言っていた言葉ですが、とても私の心に強く刺さった言葉です。

 

【この企画は初心者が習得するまでの軌跡を記録したものである】

 

↑と、かっこよく言ったは良いものの要約すると「色々やってみたい!そうだ!どうせなら記録に残そう!」という事です

 

 

「5〜6時間ピアノを練習してみての現状」

片手ずつで原曲の0.75倍速なら間違えずに弾けるようになりました。

 

原曲の速度に戻すと所々間に合わない所が出てきてしまいます。

 

 

 

本当の困難はここから

 

プロがピアノを弾いているのを想像してください。

想像すると両手でピアノを滑らかに弾く姿を思い浮かべると思います。

 

ピアノを弾くからには両手で弾きたい!!!つまりそういうことなのです!

 

と言うわけで両手で弾く練習を始めました!!

 

両手で弾く

両手で弾く難易度は思ってた以上に難しく

こんなに弾けなくなるのかと驚きました...

 

 

今までは0.75倍速で練習してました。

 

両手でその速度で弾くと全く弾けない

 

両手が繋がっているような感覚を覚えました

 

なのでさらに0.75倍速から0.50倍速までスピードをゆっくりにして練習してみるつもりです!

 

 

 

最終的に弾けるようになったら

 

ピアノを弾いている姿ってかっこいいと思いませんか?

私はとてもかっこいいと思います!

 

それはそれは憧れ羨望の熱い眼差しでかっこいいと思います!

 

目的は一つ!かっこよく弾きたい!!と言うことです!

 

 

 

ピアノで鍵盤を間違えずに弾くと言うことは

綱渡りしているようなものだと思いました。

 

練習の成果を動画に撮ろうと思いビデオを起動しましたが、、なんどもなんども撮り直しをしました...

 

それはミスをしてしまうからです。

 

しかし確実にミスをする回数は減ってきています。

 

何事も練習するときはミスを恐れないことが重要だと感じました。

 

 

ミスで心が折れるのが一番よくないこと

 

三日坊主という言葉があるようにすぐに諦めてしまう人はミスで心が折れているからだと思います。

 

私もいろんなことをやってみたいと思い様々なチャレンジをしてきましたが長続きしたものはそう多くありません。

 

長続きしなかった理由はうまくいかなかった時に苦しくなってやめてしまう事と

ミスしてしまって嫌になってしまう事

 

この2つが主にやめてしまう大きな理由でした

 

 

 

「練習はミスをする為のもの」

 

という意識を持ってすると諦めずに出来るようになりました。

 

まだまだ両手でピアノを弾けませんがこれからも練習をしていくつもりです!

 

では次回また会いましょう!

 

↓ 次の記事はこちら

www.haruelf.com