【はるえるブログ】

アニメやゲーム、演技のことを書いています〜

手作りで「かまど」を作ってみた!庭でやるDIY

どもども!おはようございます!!

今回は庭にかまどを作ったのでその経過を載せていきたいと思います!

まずかまどを作るのはこの開けた場所に作ろうと思います!!

f:id:harukazu1:20190430154117j:image

 

用意したもの

用意したブロックやレンガの数はおよそ

かまどを作るために用意したブロックは、

薄いレンガが60個

厚めのレンガが60個です!

穴の開いたコンクリートブロックが合計6個用意しました!!

 

 

 

f:id:harukazu1:20190430154104j:image 

では組み立てていきましょう!!

 

f:id:harukazu1:20190501234924j:image 

組み立てる時に気をつけたこと

組み立てる時に気をつけたことは

煙が出るための穴を裏側に作ること。

空気を取り入れるための穴を裏側にも開ける事。

煙が出る部分が手前だったら煙たくて調理どころじゃないと思います。(⌒-⌒; )

f:id:harukazu1:20190430154108j:image

 

 

網や鉄板を乗せるための凸部分を作った!

レンガを一部、横にすることで、網や鉄板を置くための出っ張りを作る!

 

この出っ張りは上と下で2段を作っています。

今網が載っている部分が上の段の出っ張りです。ここでは調理をする予定で作りました!

その下にわかりづらいかもしれませんが、出っ張りを作っています。

下の段は薪を使う場合と炭を使う場合で使い分けようと思っています!

薪は直接火が出るので、下段を外して鉄板との位置を離そうと思っています。

逆に炭を使う場合は、炭と鉄板との位置が近い方がいいので、下段を使い鉄板との位置を近くした状態で使おうと思います!

f:id:harukazu1:20190502015419j:image

 

 

さてここまで組み上げることはできましたこの上をドーム状にしたい!!!

でもドーム状にするためには技術が足りない。。。

 

ドーム状にするには内側に木で型を作り、その上からレンガを組んで行きます。

なぜ木で型を作るのかと言うとレンガが組み終わったらその型を火で燃やすからです!

火で型を燃やすと木の型だけが燃えおちます。

最後にはレンガがドーム状になった状態で残るのです!

 

...でも

 

そんな技術ないし、用意したレンガじゃ足りない!!

ということで...

 

裏技を使うことにしました。

 

 

それは...

 

 

使った裏技とはどんな裏技か

家にあった、この大きい鍋を反対にして乗せるのという方法です。

この方法は重い鍋を載せることでレンガを安定させるという効果もあります。

f:id:harukazu1:20190430154112j:image

ですがこれはTHE力技です(⌒-⌒; )

 


f:id:harukazu1:20190430154101j:image

 

使ったレンガの値段は

レンガを買ったのはだいぶ前なので、値段は詳しくは覚えてはないのですが、Amazonで調べたところ

厚めのレンガが1つ約300円で60個なので18000円

薄めのレンガが単純に半分と考えて9000円

 

コンクリートブロックは一つ1500円程なので、大体9000円ということですね!

 

なので今回かまどを作るのに使った合計金額は

およそ3万6000円です!!

 

今回はレンガ自体を固定してないので、また組み直すことができます!!

 

 

〔注意〕

かまどで火を使う時は、火の取り扱いには十分に注意しましょう。

まず火をいつでも消せるように

水の入ったバケツを用意すること。

周りに燃えやすいものを置かないと言うこと。

絶対に火事には気をつけましょう。

火事になってしまうとせっかくの楽しい料理も美味しいおいしくない所の騒ぎじゃなくなってしまいます。

充分に気をつけてDIYやかまどでの料理を楽しみましょう!!

では!!