近代エルフのBlog

幼少期から森でほぼ自給自足の様な環境で暮らしていた私が、都会に上京して感じたことや危険だと思った事を発信していこうと思います!

声優になるために「自己分析、強化調査」

声優になるために「自己分析、強化調査」です

 


自己分析は自らを知るために絶対に必要なものです。

今自分が何を持っていて、何を持っていないかを知る事がとても大切だと言えるでしょう

 

声優と言わず、どの分野でも自己分析をし自分を知ると言う事は必要な事です。

 

物を売る時に、その商品が大人気商品で品切れになったとしましょう。一人で作るのには限界があります。

 

そこであなたは、誰かを雇う機械に任せるかなどをして商品の製造数を増やして、さらに大繁盛したとしましょう。

 

これは自らの限界商品の需要、などを知っていなければ、出来ない事です。

 

このようにどの職業や物事でも自己分析は大切なのです。

 


例えばゲームだと

100レベルの魔王に挑む時に自分のレベル(ステータス)が低かったら行かないと思います。

 

今のこの装備だったら倒せる、

逆にこの装備だともっと強化しないと倒せない


装備なしでも倒せるよ?って人がいた場合、その方は相手の戦い方を知っていた、高度な反射神経などを自らが持っている事を知っているのでしょう。

 

その反射神経ほしぃ(゚∀゚)

 


声優が自分を知るには

 


自分を知るための方法は録音する事はです

自分を知るために必要な方法なのです。

 


録音する

自らが声を出しているときは、頭蓋骨などの骨に響いて自分の耳に聞こえています。

 

なので、自分が聞こえてる声と

周りが聞こえてる自分の声とには差があるのです。

 

「録音するとこの声が自分の声なの??」って思った事はありませんか?

 


それが差なのです。

 


自分の声が嫌だと言う人は、

頭蓋骨を通して聞く自分の声を、自分の中で一番心地よい所で無意識に調整していることが多いと思います。

 


なので、声に敏感な人ほど、初めて録音した時にあまりの差にショックを受けることがあるのです。

 

 

 

録音することによって

自分が声を発して聞こえてくる声と

実際に周りが聞いている声の

差を埋めることができます。

 


この差を埋めることが出来ないと

 


例えば

30歳のキャラを演技しようとプランを決めて、やったとします。

しかし相手には20歳ぐらいと思われてしまったらそれは悲しいではありませんか。

 


そのための訓練として録音をする事は、自分を知るいい機会なのです!

 


私も録音訓練を始めた頃は違和感がありました。。

 


今も続けていて、前よりは地声と低音は自分の声を聞いた時の違和感は無くなってきたんですが、高音になるとまだ違和感があるためまだまだ私も修行しなければと思っております。