【はるえるブログ】

アニメやゲーム、演技のことを書いています〜

【セリフ集1~30】俺様① 罰ゲームや台詞の練習にお使いください

ちょっと恥ずかしいイケメンのセリフ集です! 罰ゲームや練習用声の投稿などご自由にお使いください! 短い文章は状況や相手を変えるだけで大きく意味合いや言い方が変わってきます!!今回はそんな面白い短文のセリフ集を作らせていただきました!これらの…

【セリフ集】女性用①ボイスサンプルや練習用にお使いください。

女性用のセリフ集です!ボイスサンプルや練習用に使ってください。 短い文章は状況や相手を変えるだけで大きく意味合いや言い方が変わってきます!! 今回はそんな面白い短文のセリフ集を作らせていただきました! これらのサンプル用のセリフは遊ぶ気分で楽…

【セリフ集】男性用② ボイスサンプル用や練習用に使いください。

男性用のセリフ集です!ボイスサンプルや練習用に使ってください。 短い文章は状況や相手を変えるだけで大きく意味合いや言い方が変わってきます!! 今回はそんな面白い短文のセリフ集を作らせていただきました! これらのサンプル用のセリフは遊ぶ気分で楽…

【セリフ集】男性用① ボイスサンプル用や練習用に使いください。

男性用セリフやボイスサンプル用のセリフ集です。 短い文章は状況や相手を変えるだけで大きく意味合いや言い方が変わってきます!! 今回はそんな面白い短文のセリフ集を作らせていただきました! これらのサンプル用のセリフは遊ぶ気分で楽しく読んでもらっ…

声優になるには「買える魅力とは」

声優になるには気をつけたい身だしなみ 今日は身だしなみについて話していきたいと思います。 これは先輩や講師の方から散々いわれたことを書いていこうと思います!! 目次 どうして身だしなみが重要なのか? 芸能の世界は自らの魅力を売る商売です。 清潔…

声優になるには「違反すると高額な請求!?借金?!」

せっかくオーディションで役を貰ったのに、違反したせいで二度と声優をやることが出来なくなった人がいるという話をこれからします。 ルールを破るとどうなるか...これは知らないと怖い話です。 【目次】 「絶対に守らなければいけない守秘義務について」で…

【覚えるための7つの記憶法】役者が使ってる台本の覚え方

記憶力を高める方法 どんな年齢の人でも覚えられる秘策の記憶術を紹介します! テーマは「台本一冊分覚えるために覚えた記憶術」です 【目次】 記憶力を高める方法 脳の記憶力については年齢は関係ない 年を取ってから記憶力が下がる原因2つある 一つ目は刺…

緊張しているのはバレてる。緊張を相手にバレないようにする方法。

どうしても大切な場で緊張する人に向けて、緊張しているのを隠す方法。 面接や試験人前でのスピーチなどで緊張しないように見せるには? 緊張を失くすのではなく、隠す方法

本当の強さとは何か?強い役を演じるときに考えたい事。

強い役を演じるときにどうすれば演じることが出来るのでしょうか? 今回のテーマは「本当の強さとは何か?」です。 目次 強い役を演じるにあたって1番説得力のある方法とは すぐに強くなるために強さとは何かを考えていきましょう。 すぐに強くみせるには姿…

歩き方で人に与える印象と受ける印象【心理学】【表現学】

歩き方でどのような印象で他の人に見られるか考えたことがありますか? 今回は「歩き方でどのような印象を与えるのか」を考えて行きたいと思います! 街中でいろんな人が歩いてるのを見るとなんとなくこんな性格なのかなぁって感じるとことはありませんか? …

声優になるには知っておきたい15用語集まとめ

声優になるには知っておきたい15用語集 【目次】 アーティキュレーション イントネーション プロミネンス テンポ ポーズ アクセント エモーション 鼻濁音 母音無声化 アニメーション ジャパニメーション 外国映画 ゲームボイス 朗読 ナレーション 司会 声優…

御手杵[極]の衣装を作る。右肩部分 刀剣乱舞コスプレ

刀剣乱舞の鎧を作りたい!ということで早速作っていこうと思います!今回作っていくのはこの部分です! 極のネタバレになるので御手杵さんの全体は写しません! 【目次】 まずは鎧をコーヨーソフトボードから切り出しましょう! このボードにボンドを塗って…

とりあえず行動してみるということは、航海すると言うこと。

// 「あの時していればよかった」「今から始めてもなぁ」など行動しなかった結果、後悔した経験はありませんか? よく聞くの話だと、 もっと勉強していれば良かった。 本番になってからもっと練習していれば良かった。 同窓会の時に知ったあの時告白してみれ…

「鏡」短編小説 (反対とはなんなんだろう)

「鏡」作はるえる まだ日も落ちきっていない夕暮れ時僕は階段を上っていた。僕の家はマンションの五階、エレベータは無い。家の扉の前に着いた。いつも通り僕は鍵を開けようとしたがその時あることに気づく。朝出るときにかけたはずの鍵が閉まってないことに…