はるえるブログ

自分の生きた証を残すことを目的にしています!セリフ集やアクセサリーを作ってます!

短編声劇台本2人用「戦場で再開した友と敵同士になってしまう。」男女2人用

 

短編小説「戦場で再開した友と敵同士になってしまう。」

短編小説(声劇台本)の詳細

  • 男女2人
  • ノローグ1人(兼ねてもおけ)
  • およそ500字
  • アリス計8セリフ
  • ブロス計8セリフ

 

ノローグ

アリスが走って戦場に向かっている。

その先には仲間が先行していた。

だがその方向から悲鳴が聞こえる。

 

悲鳴が聞こえてた場所に着くと、そこには血の海に沈んでいた仲間の姿があった。

 

アリス「はぁはぁはぁ。な、なんて...ひどい...どうしてこんなことに...」

 

ブロス「これは怠慢だよ。」

 

アリス「なんでここにいるの?...これはあなたがやったの?」

 

ブロス「3年もの月日がありながら君は自分を鍛えることをしなかった。それがこの事態を招いたんだ。」

 

アリス「っ?!それは...でも!!ここまでする必要はないでしょ!!」

 

ブロス「ここは戦場だ...出会ったが最後...ここでは生きるか死ぬかそれだけだ。君もそれが分かっててここに出てきたんでしょ。この戦場に。違うの?」

 

アリス「...。」

 

ブロス「ここであったのは残念だったよ。っ?!やっとやる気になったか」

 

アリスがブロスを剣で切りつける

 

アリス「仲間を殺したあなたを私は許さない...」

 

剣鍔迫り合いSE

戦っている

 

ブロス「はぁ、はぁ、はぁ...アリス強くなってたんだな」

 

アリス「はぁ、はぁ、なにもしてなかったわけないじゃない、、、(このままじゃジリ貧だ...次で決める...)」

 

ブロス「(目つきが変わったな、これは仕留めにきているな)」

 

お互いに必殺の一瞬を見極めようとしている

ブロス「...」

アリス「...」

 

ブロス、アリス「「切る!!」」

 

これは友人だったものたちの物語である。