近代エルフのライフハックBlog

幼少期から森でほぼ自給自足の様な環境で暮らしていた私が、都会に上京して感じたことや危険だと思った事を発信していこうと思います!

若者が住みたい田舎1位に「大分県臼杵市」がなった理由

今回のテーマは

「若者が住みたい田舎1位 臼杵

です

人口10万人以下の小さな街ランキングで

なぜ臼杵市が「若者が住みたい田舎1位」になったのでしょうか?

まず臼杵をご存知ですか?

知らないと言うあなたに臼杵市はここにあります

f:id:harukazu1:20180930103251j:image

臼杵市(うすきし)は、大分県東海岸に位置する市。国宝の臼杵石仏や醤油の製造で有名。近年では城下町の町並みでも知られるようになった。

Wikipedia引用

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%25E8%2587%25BC%25E6%259D%25B5%25E5%25B8%2582

 

2018年発売の【田舎暮らしの本】で住みたい田舎ベストランキングが発表されました。

 

田舎暮らしの本 2018年 02 月号 [雑誌]

田舎暮らしの本 2018年 02 月号 [雑誌]

 

 

この本の中からの紹介です。

年齢の違いや目的や必要としているものによって、大きく異なるためランキングが細分化されています。

 

それぞれのランキングの1位はこのようになります。

 

【総合】山梨県北杜市

【若者世代】大分県臼杵市

【子育て世代】茨城県常陸太田市

【シニア世代】長野県辰野町

 

の4部門でランキングが乗せられています。

 

その中の【若者世代】が選ぶ住みたい田舎「小さなまちランキング」の1位の《臼杵》について話して行こうと思います。

 

臼杵市とは

 

臼杵市臼杵城の城下町として栄えた街です

その城下町は穏やかで美しい風情があります。

f:id:harukazu1:20180929144830j:image

臼杵市で行われる大きな祭りは主に2つあります。

それは祇園祭竹宵祭りです

 

祇園祭

臼杵市にある八坂神社のご神幸です。

1643年から続くお祭りです

田舎の中ではかなり大きい規模のお祭りではないでしょうか?

初めてこのお祭りを見た際は、その迫力に圧倒されました。

【2018年】臼杵祇園まつり・曳出(辻出会い・打ち合い) - YouTube

 

うすき竹宵

うすき竹宵は

簡単に説明すると、とても美しいと般若姫と呼ばれている姫がいました。

 

その姫にある皇子が一目惚れしました。

その皇子は都からお忍びで会いに行きました。

そして般若姫は皇子と結ばれました。

 

しかし皇子は般若姫を残して都に呼び戻されました。

 

その皇子を追いかけ般若姫は生まれた玉絵姫を残して都に向かいます。

 

その航海の途中、嵐に巻き込まれて亡くなってしまいます。

 

亡くなったはずの般若姫が娘に会うために臼杵に御霊したと言う伝説が元になった祭りです。

 

臼杵竹宵の公式ホームページです

うすき竹宵

 

このうすき竹宵の日には暗闇の中で竹の中に火が灯り、それはそれは幻想的な空間を作り出します。

その特別な空間ではパートナーと特別な時間を過ごしたり、自分の好きな人に想いを伝えたりと、想いにまつわる素敵な日になることでしょう。

 

まとめ

大分県臼杵市がなぜ若者が住みたい田舎1位なのか考察してみました。

 

私はこの街で過ごせて良かったと思っています。

臼杵の良さと言ったら祭りだと私は思います。

この祭りによって色々な思い出が刻まれました

 

他にも臼杵市には、色々なサービスがあるのも1位に支持される理由だと思います。

そのサービスは臼杵市のホームページをご覧ください。

 

こちらが臼杵市のホームページです。

臼杵駅が好きの聖地に! | 臼杵市役所