はるえるブログ

声優の事やセリフ集を書いています!

※ 当サイトはアフェリエイト広告を利用しています。

引っ越しの時に気を付けてよかったこと。上京して引っ越し4回繰り返した僕の経験

引っ越しの時に気を付けてよかったことを話ししていこうと思います。

僕は東京に上京して合計4回引っ越しています!

そんな僕の引っ越しの経験をもとにお話しします。

同じように目標を持って上京してきた方の力になれればと思います

【目次】

 

 

多少目的地より遠い駅になったとしても、駅に近いところに住んだ方がいい。

駅近、これに限ります。

駅から遠いところに住むと、行きと帰りが非常に面倒です。

自転車やバスを使ったら良いという話も聞きますが、どちらも駐輪場代や運賃がかかるのでお勧めしません。

 

ただ、既に駅から遠い場合は

使うことによって時間短縮できるのなら自転車やバスを使用した方がお得です

 

家賃や移動費など、

固定費は出来るだけ低い方が楽です。

固定費を抑えた事で浮いたお金は、遊びや自己投資など好きなことに使えます!

 

 

 

必ず2階以上。1階はどの方角に窓があっても薄暗いから避けた方がいい。

これには明確な理由があります。

その理由は、虫と薄暗さと洪水です。

 

1つ目は一階だと虫が入ってきやすいです。

それも地を這うゴキブリが入ってきます。1階に住んだ時は地域の差もあるとは思うのですが、こんなに虫が入ってくる?!と驚いた記憶があります。

 

2つ目は薄暗さです。洗濯物をベランダに干してもあまり乾かず、仕切りはあったものの一階なので、外から触れる位置にあるのもあまりいい気がしませんでした。薄暗さはメンタルにダメージを与えます。

 

3つ目は洪水などの災害が起きた際に影響を受けやすいです。

 

ちなみに1階のメリットは、

2階よりも家賃が安い場合が多い事と、空き部屋になってる事が多いので、即引越ししやすいです。

 

 

 

治安は良いか?悪いか?

せっかくだったら治安のいいところに住みたいものです。

治安が悪い所にもいい所にも住んだこともあります。

某○○区に住んでいた時は、警察車両のサイレンがよく聞こえていました。

 

そんな僕が治安がいいか悪いか判断する場所をいくつか紹介します。

 

まずはコンビニのトイレを見ると解ります。
トイレを貸し出ししていない地域ほど治安が悪いです。

治安が良い所は

「トイレご自由にどうぞ。」

治安に不安がある所は

「トイレを使用する場合は店員にお声掛けください」や「トイレは貸し出ししていません」

 

あと駅前にパチンコがあるかどうかです。

あると治安があまりよろしくないのかなと思います。

 

治安の良さをランキングにしているウェブサイトもあるので、そういうサイトを参考にしてみるのもいいかもしれません。

 

治安が悪い所のメリットは、賃料が安いことです。

同じ都内でも同じ条件で固定費を安く済ませられます。

 

 

 

収納や引越しには折り畳みコンテナがとても便利。

折りたたみコンテナ通常「オリコン」をご存知でしょうか?販売店や倉庫など、仕事をしているとみた事があるかもしれません。

 

このオリコンは使っていない時はコンパクトに折りたため、強度もしっかりしているため、収納にも使えます。

 

実際に運送の現場でもオリコンに商品を入れて送ります。

なのでとても運びやすいです。

 

収納と引越し後の段ボールの処理に困りません。

 

デメリットとしては

段ボールより重いです。

 

 

引越しの際など家具の処分は行政のサービスを利用するのが一番安い。

必ず行政のサービスを使って処分をしてほしいです。

どう処分していいか流れを簡単に説明すると

↓粗大ゴミのシールを買って

↓いつ捨てるのか役所に連絡して

↓指定の置き場に移動させる

↓粗大ゴミに買ったシールを貼る

↓いつのまにか取りに来てくれている

 

友人は民間の処分サービスを使って17万ぼったくられていました。

 

水道修理、ガス修理も民間ではなく役所に連絡するのが1番お得です。

 

 

 

インターネットがつながるかどうか?

ご存じの通りこのコロナ禍でリモートワークなどネット環境がないと仕事もできない人もいる。

そんな世の中になってきました。

引っ越しするときに初めからついているところもあります!

 

逆にネットワークはつながるものの使用できないほどの遅い場合もあります。

なので入居する前に事前に確認してみるといいかもしれません。

 

スーパーなど、食品が買えるところが近くにあるかどうか?

これ結構大切です。帰り疲れて帰っているのに帰り道にご飯を買うところが無いと言うのは、つらすぎます。

なので都内だと引っ越す前に、最寄駅の周辺もしくは帰り道に、スーパーや飲食店があるか確認するのがいいと思います。

 

ゴミ袋は有料か無料か

地域によってごみの出し方が変わってきます。

好きな袋に入れてゴミ捨てしていい地区と指定の袋がある地区があります。

これは事前に聞く事も出来るし、調べたら出てくる情報です!

調べてもいいかもしれません。

 

同じ物件を2社以上で査定して安いほうで契約する。

これはお得に契約するための知識です。

会社ごとによって契約手数料が異なる場合があります。

なので、少しでも安く済ませるために数社で確認しましょう。

月の賃料が1000円下げられた場合、年間で12,000円お得に住むことができます。

 

ちなみに住んでいる際に、他の部屋の賃料が下がっていた場合、自身の賃料の値下げ交渉できる可能性があります。

ぜひ、交渉してみてください。

 

 

安い時期に引っ越しする。特に3月4月はかなり高い

日本は学校の卒業などの関係で、会社も3月や4月が節目になっている事が多いです。

なので3月4月に引っ越しをする人が多く、この時期はかなり高くなってしまいます。

このタイミングに引っ越しをするのは避けた方がいいかもしれません。

 

自転車や車を置けるかどうか?

自転車や車を持っていない方にはあまり関係はないのですが、ここも確認すべきポイントの一つです。

自転車の場合、駐輪場はあったとしても屋根がない場合もあります。

屋根がないと錆びたり劣化が明らかに速くなります。

 

コインランドリーが近くにあると緊急時にうれしい。

近くにコインランドリーがあると、急に服を洗わなければいけない時や、布団など大物を洗う時に非常に便利です。

500m圏内にコインランドリーがあると安心です。

 

電車の快速や急行が止まらない駅のほうが少し家賃が安い。

都内にはさまざまな路線があります。

その中でも急行列車と各駅停車という電車があります。

急行列車とは、一部の駅を通過し、主要な駅にのみ停車する、速達運行を行う電車です。

 

家賃という点で路線を見ると、急行列車が停車しない駅の方が家賃が安くなります。

 

 

 

以上13点が引っ越しの時に気を付けてよかったことです!

僕と同じように目標を持って上京した人を応援できたらと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございます!