はるえるブログ

声優の事やセリフ集を書いています!

※ 当サイトはアフェリエイト広告を利用しています。

【考察】ロミオとジュリエットが幸せになる未来はなかったのか?を考えてみた

みなさん『ロミオとジュリエット』という物語をご存知でしょうか?

ウィリアム・シェイクスピアと言うイギリスのルネサンス演劇を代表する戯曲家が書いた作品です。

「リア王」「ハムレット」「夏の夜の夢」「十二夜」「マクベス」「オセロー」「ヴェニスの商人」など他にも多数の作品を残しています、

 

今回は、数々作られてきた戯曲の中の『ロミオとジュリエット』について「幸せになる未来はなかったのか?」を考えていきたいと思います。

【目次】

 

ロミオとジュリエットの簡単なあらすじ

大貴族のモンタギュー家とキャピュレット家はお互いに敵と言うほど仲が悪い。そんな家に生まれたロミオとジュリエット。

 

ロミオは片思いしているある令嬢に振り向いて欲しかったが振り向いてもらえない。

 

ある時キャピュレット家のパーティーにその令嬢が参加すると聞いて、忍び込む。

 

そこで出会ったのがキャピュレット家の令嬢のジュリエット。

 

2人はお互いに一目惚れで惹かれ合う。

そんななか両家のいざこざの結果友人のマキューシオが亡くなる。ロミオはその復讐でキャピュレットのティボルトを殺してしまう。

 

そしてロミオはその罪で街から追放される。

悲しんでるジュリエットに父が婚約者を選んでくる。

 

ロミオと婚約をしたジュリエットは結婚したくないために仮死状態になる毒を飲む。

↑神父の提案

 

見事仮死状態になる事は成功する。

しかし情報が届かず、ロミオも本当にジュリエットが死んでしまったと信じ込む。

 

仮死状態のジュリエットの元にロミオは行き、毒を飲んで死んでしまう。

 

仮死状態から目が覚めたジュリエットはすぐそばで死んでるロミオを見て、後を追ってしまう。

 

それを見て両家が反省するお話です。

 

ロミオとジュリエットの事件はたった5日間に起きた事件です。

 

そうなんです。この物語は「花火のように一瞬で煌めきそして燃え尽きる」そんな物語です。

原作には明確に年齢は書いていないもののロミオは15〜16歳ほどの年齢で、ジュリエットは13〜14歳ほどの年齢と言われています。

お互い初恋、10代のでの恋愛、そして一目惚れ、いろんな要素が重なった為、起きてしまった事件ですね。

 

 

まず1番の問題点はこちら。追放されなければ...

「ロミオが追放された」事です。

まさにここです。ここが無ければジュリエットは1人で戦わずロミオと共に戦うことができたんじゃないかと思っています。

激情に駆られて友の敵討ちをしなければジュリエットと共にいることができました。

 

なら我慢できるのか?と言う方もいると思います。復讐しなくてもいい理由があります。

 

復讐をしなくてもいい理由としては、復讐しなくても領主の甥のマキューシオを殺したティボルトは法律で罰せられます。

ロミオの刑が死罪ではなく追放になったのもこの理由があったからになります。

 

どうして激情に駆られてしまったのか...

読み返すたびに思ってしまいます...

 

ロミオには、抜群の行動力がある。。

ロミオは行動力のある魅力的な男です。

片思いの女性に会うために敵のパーティーに参加したり、ジュリエットに会うために敵対している家に忍び込んだり、ジュリエットの後を追って毒を飲んだりと非常に高い行動力がありました。

これはロミオの長所であり魅力だと思います。

 

そして残念な事にその行動力は「仇を討つ」事にも発揮されます。

 

「仇を討たない」と言う選択をロミオができなかったのは行動力があったからなのでしょう。

 

 

貴族の女性にとって親の意見は絶対だったこの時代。

 

ジュリエットにとって親が選んだ婚約者との結婚を拒むことはできないでしょう。

拒んだ際には家から「結婚が嫌なら出て行け」と言われます。

 

13歳ほどで、いままで守られて過ごしてきた貴族のジュリエットが家から出て行くことは可能でしょうか?

 

非常に難しいでしょう。

 

 

もし家を出てロミオの追放先に行く事ができていれば、仮死状態という危険な賭けに挑まなくてもすんだと思います。

 

ただ仮死状態になる勇気があるのなら、家から出ていく選択肢も持ってもよかったんじゃないかとも考えてしまいます。

 

両家のいがみ合いがなければ

そもそもです。

モンタギュー家とキャピュレット家の仲が悪くなければこんなことは起きておりません。

 

戯曲を読んだのですが対立の理由は書かれておりませんでした。

 

権力なのか、土地や資源なのか、それとも過去の因縁なのか?

 

考えてしまいますね。

 

結論はロミオが追放されなければ何とかなっていたかもしれません。

今回いろいろ考えてみた結果、「ロミオが追放されなければ」というのが一番の大きな転換点だったと思います。

 

この物語だったからこそ今世紀まで残ってきました。

シェイクスピア作品まだ見たことない方はぜひ一度見てみてください。

 

ここまでご覧いただきありがとうございました!