近代エルフのライフハックBlog

幼少期から森でほぼ自給自足の様な環境で暮らしていた私が、都会に上京して感じたことや危険だと思った事を発信していこうと思います!

青色の正体とは⁉︎ラムネとブルーハワイ

夏になるとラムネの飲料や、かき氷のブルーハワイをお祭りなどでよく見かける事があります

 

あれ?しかしよく考えると、ブドウジュースやいちごジュースなどと違ってラムネやブルーハワイからは果物が連想できません!

これらの正体が気になったので調べてみました!

 

 

ラムネ

f:id:harukazu1:20180619164945j:image

水に糖類とクエン酸などの酸味料や香料、ライムやレモンの香りをつけた甘い炭酸飲料です!

 

要は炭酸水+砂糖+レモン水

 

ラムネは爽やかな飲み心地とよく考えるとかなり特殊な形状をしたガラス瓶は夏の風物詩になってますね!

 

ラムネという名称は、イギリスから来たレモネード(レモン水)と言う言葉が語源だそうです

レモネード→レモネ→ラモネ→ラムネ

こんな感じに変化して行ったんでしょうね!

 

語源などが分かると楽しいですね!

 

 

 

ブルーハワイ

f:id:harukazu1:20180619165130p:image

 

では次はかき氷の味のひとつブルーハワイですね!

初めてブルーハワイと聞いてなに味を想像しますか?

初めてブルーハワイを見たのは小学生の時に行ったお祭りの時でした。

その時は海外の事もほとんど知らなかったので、ハワイも知らなかったので、想像できなかったです...なので初めて食べた時は驚きでした!

 

ブルーハワイとは

なんと!カクテルが元になったとか!

 

 

カクテルのブルーハワイの作り方は

ラム酒+パイナップルジュース+ブルーキュラソー+レモンジュースですね!

 

ブルーハワイの青色はブルーキュラソーの青色だったんですね!

 

ちなみにキュラソーとはオランダで作られたリキュールでオレンジの果皮の香料成分が入ってます

ブルー以外にもレッドやグリーンのキュラソーもあるとの事です!

 

これは着色料で色をつけてますねw

 

今回はラムネとブルーハワイについて調べました!

ラムネのラムとブルーハワイのラム酒、、ラムで共通点があったとは...思いもよりませんでしたw

ではまた!