近代エルフのライフハックBlog

幼少期から森でほぼ自給自足の様な環境で暮らしていた私が、都会に上京して感じたことや危険だと思った事を発信していこうと思います!

若い時こそ好きなことをやれ

学校で先生からいろんな課題などをもらうと思います。
学校の勉強はとても大切です。

しかし好きな事に学生時代から楽しんで取り組んでいる人は、大人になってから、それで生活できるということをご存知ですか?


私は学生時代、いい大学に行っていいところに就職して、生活するのがいいと教えられました。
それを疑ってなかったしその時はやりたいこともなかったので、その考え方は正しいと思っていました。


知人に傷メイクや特殊メイクが好きなや友人がいてその人は、それを仕事にして生活しています。


好きなことを仕事にするという事は大変なこともあるとは思います。
しかし同じ大変さでも、やりたくない所に勤めてを嘆くぐらいなら、その中でやりたい事を見つけるか、やりたい好きな事をしてはいかがでしょうか?

あと矛盾していることを言うようですが、嫌なことでもやりきる前からやめるのは具の骨頂です。

やり切らないとそのことの本質は見えてこないでしょう

私は元陸上部です。
初めは走るのは疲れるし嫌いだし、辞めようと思ったことが何度もありました。

そのときは、走ってる最中に全く疲れなくなるランナーズハイを経験したことと、同じ部活の人を好きになった事で、私の気持ちは変わりました。


まとめ
嫌々やる事と、前向きにやる事には決定的な差があると思います。